仕事上必要な翻訳を翻訳会社や個人翻訳家に依頼する

素早い翻訳

語学翻訳の変遷と近年の課題について

近年、旅行や観光目的としてだけでなく、ビジネスのために、海外に渡航する日本人が増えています。 ビジネス目的で海外渡航する場合、いかに正確に現地人とコミュニケーションをとるかが重要となるため、通訳あるいは翻訳会社は、ビジネスマンのニーズに応じて、翻訳技術を変化・進展させてきました。 20世紀頃までは、翻訳会社の要員が手作業で翻訳を実施する時代でしたが、21世紀に入り、IT技術を駆使した翻訳支援ツールによるサービスを顧客に提供する翻訳会社が現れてきました。さらに近年では、効率化とニーズの多様化に同時に対応するべく、手作業とIT技術を組み合わせた新しい形態を模索する翻訳会社も出てきています。それに応じて、翻訳者に求められるスキルも広がり、要員の育成が課題となっています。

翻訳会社の今後の動向予想

近頃ではインターネット上の翻訳サイトや、翻訳ソフトが次々と世に出ていますが、翻訳会社業界はどのように変化していくのでしょうか。結論から言うと、翻訳内容の多様化と複雑化によって、翻訳会社は今後もある程度安定した需要に支えられると予想されます。 翻訳と聞いて最初に思い浮かぶのは、大ヒットしたファンタジーなどの小説などかもしれませんが、翻訳会社の仕事の大部分は、ビジネス文書や説明書といった業務翻訳と言われています。医療機器やコンピューターなど精密な内容が求められるものは、やはり翻訳会社への注文が今後も続くでしょう。法律関係や外交関係など、特に慎重な対応が求められる分野でも、専門知識と高度な翻訳技術を兼ね備えた人材が余り多くないため、翻訳単価が下がることは予想されにくいと言えます。 上述の理由から、これから翻訳会社への入社を目指す方は、語学力はもちろんのこと自分の得意とする専門分野を見つけ、関係する専門用語と対応する単語を鍛えると自分の強みが増すでしょう。