仕事上必要な翻訳を翻訳会社や個人翻訳家に依頼する

ピックアップ

翻訳してもらう

英文は、分からない単語があると読めない場合があります。英文マニュアルを自分で翻訳が厳しい場合は、翻訳サービスを活用しましょう。格安で利用できるものが数多く存在しています。

» readmore

素早い翻訳

一昔前であれば海外に渡航して外国語を学ぶ人が大勢いましたが、現在では翻訳会社のサービスによって難解な外国語も素早く翻訳できます。ネットでの利用も行えるため、非常に便利なのです。

» readmore

翻訳を行なう会社

世界には様々な言語が存在しています。その言語で書かれているものを翻訳する翻訳会社があります。英語だけでなく、現在観光客としても多く訪れている中国人の使用する中国語も翻訳の対象となることがあります。

» readmore

翻訳を仕事にする

技術系マニュアルの翻訳家で起業

語学力に優れていて特に英語に堪能である場合には個人で起業するのに比較的容易な道があります。それは翻訳家として仕事を受注して生計を立てていくという方法です。 特に技術系の翻訳についてはその需要が高い傾向にあります。情報化社会の今日においてはIT業界が人気の業界となっていますが、こういった業界の技術者は語学力に長けていない人が多いため、世界で開発された新技術や新製品のマニュアルを読むのに苦労します。そのため、大企業ではマニュアルの翻訳を外注するのが一般的になっているのです。それを担える翻訳家となることにより幅広い企業から高い需要を得ることができるのです。特にベンチャー企業等のようにあまり費用をかけられない企業にとっては個人翻訳家へ依頼することが多く、仕事を豊富に受けられる可能性があります。

安価で迅速な個人への発注への傾向

IT業界においては英語力が不足している人材が多いため、企業としては最新の情報を提供するためにマニュアルの翻訳を行って人材教育を行うよう心がけている傾向があります。しかし、技術系のマニュアルの翻訳は概して費用が高いため、段々とその外注先を安価な先へと切り替える傾向が生まれてきています。 技術系の翻訳業者に依頼するのに比べて、個人の翻訳家に依頼する方が概して安価に発注することができます。また、納期も早いことが多いため、競争の激しい業界であるIT業界においてはその迅速さも評価されて人気を高める傾向にあります。こういった背景からマニュアル翻訳に特化して個人事業を立ち上げるというのは合理的な手段なのです。